収入があれば主婦でも消費者金融の利用は可能!

主婦の方の場合、消費者金融を利用できるのか気になりませんか?

パートで働く主婦の方の場合、収入が少なくなりがちです。

そんな主婦の方でも、条件次第では消費者金融を利用することが可能です。

○ 安定した収入

消費者金融では担保なし、保証人なしで利用できます。

しかし、消費者金融の審査に合格するには、ある程度の収入が必要です。

この時の審査では、収入の安定性を重視しています。

次のケースで、審査に合格しやすい人を見ていきましょう。

年収 1ヶ月当たりの収入
Aさん 180万円 15万円
Bさん 180万円 毎月バラバラ

収入が安定していれば、パートで働く主婦の方でも、消費者金融を利用できる可能性は高いです。同じ年収であっても、Aさんのほうが安定した収入を得ているため、消費者金融の審査に有利となります。

○ 収入のない専業主婦はどうなる?

問題なのが、収入のない専業主婦の方の場合です。

消費者金融は総量規制の対象となっており、総額年収3分の1を超える借入は禁止されています。

この総量規制には配偶者貸付があり、本人に収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば年収3分の1まで借入することが可能です。

しかし、配偶者貸付を行う大手消費者金融は少なくなっています。

中堅消費者金融の中には、配偶者貸付を行う場合があるため、専業主婦の方は借入先の選び方が必要です。

ただし、配偶者貸付を利用するには、配偶者の方の同意と婚姻関係を証明できるもの(住民票や戸籍抄本など)の提出が必要となります。

配偶者の方の同意が得られない場合は、パートなど何らかの方法で収入を得ないと、消費者金融の利用は難しくなるでしょう。

○ まとめ

本人に収入がないと難しいですが、少なくても収入が安定していれば、主婦の方でも消費者金融を利用できます。

ただし、配偶者の方に黙って借入すると、後で知られた時に問題になりかねません。

配偶者の方と、きちんと話し合ったほうが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ