カードローンの個人信用情報とはなんでしょう?

カードローンの申込書には非常に多くの項目を記載します。

この情報は信用情報機関という個人情報の登録機関に登録されます。

個人情報保護が新聞紙上などで問題になっているご時世に、こんな情報を保管している理由は何でしょうか。

カードローンを申し込む際には申込書を作成しますが、それだけでは過去のクレジットカードなどの利用状況かわかりません。

そのような「過去の実績」から、将来の行動を予測することが審査なので、それだけでは審査の資料としては不十分です。

そのため、信販会社などは共同で、今までの申込内容を利用者ごとにデータベース化しています。これを個人信用情報と言います。

個人信用情報の登録は、カードローン契約の際に登録を認める旨の規約になっているため、気が付かないうちに許可しているはずですし、拒絶すれば契約を結ぶことはできません。

個人信用情報は契約内容や利用状況だけではなく、運転免許証番号まで登録されています。新しく申込をする際に他人に成りすまして申込をされることを防ぐためです。

「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

これは、支払が一定以上の期間滞ったり、債務整理をしたりした場合に、その事実が個人信用情報に登録されることを言います。

このような登録がされていると、新規にカードローンやクレジットカードの申込をしても門前払いになりますし、更新もしてもらえません。だから、他人に成りすまそうとするのですが、そのような人は「前科者」ですから、契約するわけにいかないのです。

また、個人信用情報には毎月のクレジットカードなどの支払状況も登録されます。

期日通りならいいのですが、ちょっとでも遅れると支払遅延のマークがつきます。

次回以降の審査で不利になるわけです。

「日ごろの行い」が大切な理由です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ