カードローンの自動審査の仕組みをより詳しく解説!

カードローンの審査を受けると、自動審査を受ける事になるとされています。

自動審査とは何か、その仕組みについて解説します。

・自動審査とは情報で審査する簡易審査

従来審査とは、人の目で見る事が普通でしたが、現在では審査効率を上げる為に、先ず機械による自動審査を行います。

自動審査は、
◆スコアリング審査

◆簡易審査
とも呼ばれ、審査において最も重要な審査です。

この入口の審査に通過しない限りは、審査に合格する事はありません。

・自動審査の仕組み

自動審査では、年齢、年収、勤務先、勤続年数、居住年数、家族構成など様ざまな情報を最初に申告してもらい、申告した内容だけで点数化して合否を決める事になります。

申告した内容で返済能力、貸付余力は判定できますし、人の目で目分量での審査を行うよりも効率的で一定の審査結果を出す事が可能です。

現在の金融機関で自動審査を行っていない所はありません。

・自動審査に通過したのに落ちた時は注意

簡単に結果が出る自動審査ですが、もし審査に通過したのに本審査で落とされた場合は注意が必要です。

自動審査に通過した後は信用情報機関のチェックしか審査項目はありません。

にもかかわらず審査落ちしたという事は、『信用情報機関に貴方の知らない悪い情報がある』という事が挙げられます。

この場合は、信用情報機関の情報を開示請求して、どこに問題があったかを探してみる方がいいでしょう。

自動審査は審査の中で最も重要な審査です。

情報入力は正確に行いましょう。

審査が進むと、情報入力違いで落とされる場合が発生します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ